【りんこの視点】 ビーちゃん、自尊心ってお持ち?

履いて行く靴が決まらない

わあ、ビーちゃん、中々遊びに来れなかったー。何かめちゃくちゃ表現したいエネルギーでありながら、肝心の表すものが手元にないという、、、ちょっとエキセントリックな状況中、笑。エキセントリック、、、ええ名札やけれども、最高でも最低でもエキセントリックでも中身は同じ、変わらなくて、そもそものただの味わいのあるエネルギーを言葉にすると、、、ビーちゃん、行きたいのに履いてく靴が決まらないような気持ちでした、ってことね、うまい!けど、長い!

自尊心を持ってるのはダアレ?自尊心が必要なのはダアレ?

で、一応病人って名札を下げてる、、、ことと関係なく、笑、最近は家から出たがらない。で、ほぼ初めて昼間のテレビを観た。あの情報番組。山ちゃんの結婚会見を録画したご縁←録画はもう消した、、、そこで自尊心が低いという言葉に出会った。

自尊心が低いってすごい言葉じゃない?これ、名札に名札が貼られてて物事を複雑にするスパイスを含んでる。番組で自尊心が低いから高くしましょうって聞いた気がするけど、、、低いと決めて高くしようとするその経験こそが、自尊心が低いっていう経験そのものやんね。その経験も悪くない、、、けどもうひとつ、問の立て方を変えてみる。

「自尊心は?」と聞く。「ある!」なら、アルって道を行くって経験。、、、ええ、分かってる、笑、アルを作るとナイが生まれる、笑。

、、、のだけど、これらが物語の中である以上、ナイって言ってる人がいる以上、実は自尊心はゼロじゃないってことになる。何故ならソコに自分が居るから。どんな人も人がソコにいる以上「自尊心?ある!」を歩いて行けるってことね。

歩いて行くのは「自尊心アルの道」の上。道上やからねモチロン晴れも雨も台風も虹も全部ある。これは高いと貼ってても低いと貼ってても名札によらずで中身は変わらないってことやね。中身は同じだからどっち貼っても貼らなくても自由ね。自尊心アルの道上、、、そういう経験ってこと。

自尊心が見つからないことと自分は居ないって気づくことは同じやね。自尊心なんてそもそもある訳がないやんって分かるってこともね。全く悲しい話でも嬉しい話でもなく、チョット吹き出すかもしれないけど、後は淡々とそれだけのことで、道も自分も全部なかったんやって気付くことやね。初めからこの全体やったんやってね。

、、、自尊心、、、すごい言葉よね、ビーちゃんこれどう?お持ち?

                                     写真acworksさん/写真AC