奥様の宇宙便 vol.19〜宇宙は続くよどこまでも、そして寛大よ♪

奥さま二人の宇宙交換日記

賑やかな街に住む奥さまの名前はジュリー、のんびりとした田舎に住む奥さまの名前はサリー。ジュリーは宇宙オタクです。一方、サリーはある日突然見えない世界に目覚め、宇宙について興味津々。ひょんなことから出会った二人の主婦による「超現実的なスピリチュアル宇宙話」のやりとりが始まります。

罪悪感と許すこと(Fromサリー)

たしかに「罪悪感」ってきくと、「えっ?!わたしなにか悪いことしたの?!」と、驚きますね(笑)。

私はどうしたいの?」って自分に尋ねると、あれやこれや、次から次から欲も願望も本音も、我慢してたりやりたくないことが出てきます。それをココで書くのは控えますが、それはそれはもうエグい(笑)。聞くに堪えない。よく私がモヤモヤするのは、それらを表向きにはせず、ひた隠しにしているから、そのせいかもしれませんね…

周りの人を許すって、つまり…自分を許すことにも繋がる。そういう知識だけはバッチリあるんですけど、「許す」ってそう簡単ではなかったりします、わたしの場合…。そう、それだけ強い「思い込み」があるからなんです。例えば、それを許すことによって、ダラけているとか、怠けてるとか、ヤル気がないって見える。

それが自分にも他人にもどこまで許せるのか…。思い込みって、強固でなかなかやめられないという、思い込みもあります。許すことを許すところからですかね、あぁこりゃまたややこしい~笑。ジュリーさん、わたしみたいに許すのが難しい場合、どうすればいいですか?たぶん、自分でコントロールしようとする意識があるんじゃないかなって思うんですが。コントロールなんてせず、全てを流れに委ねる…頭ではよく分かってるのに、なかなかできません。泣

許せない自分を許すこと(Fromジュリー)

サリーちゃん、そうそう、わかります。欲も願望も本音もひた隠しで頑張っているんですね。普通の人間はそうですよ。「~でなければならない」っていう思い込みがあって当然。

コントロールなんてせずに全てをゆだねるというのは、いま頭で考えているようなイメージと全く違うことかもしれませんよ。頭で考えている”ゆだねる”は、なにかがやってくるがどうこうしようとしない、とか、こうなってほしい、ああなってほしいって望まない、なるようになると腹をくくる、などなど、そういうイメージかしら。

「コントロールしない」っていうのは、なにを望もうが望むまいが、自分がどう出ようが、やってくるものがどうであろうが、そして、コントロールしようとあがく自分がいようが、なんだったらコントロールして玉砕しようが好きにさせるよ、っていうくらいコントロールしない。なんともパラドックスになってしまいますが、「コントロールしようとする自分すらコントロールしない」かな。

許せない自分を許してしまいましょう。宇宙はどこまでも寛大にできています。

ジュリーより

前の記事へ vol.18.なんでも許しちゃえ地球許可局