【あるがままのお月さん〜月本の日常】頑張るという深刻さはいらない

月本café。美味しいケーキに丁寧に淹れた珈琲を添えて。しあわせです。~頑張っているのにちっとも良くならない~強く意図するのは大切です。でも現実創造が目的であるうちは現実は変わりません。頑張るという深刻さを持たなくていいのです。内側の変化が起れば何も望まなくなります。すると現実が変わります。そのときにはもう、どっちでもよくなっています。どちらにせよもう満足だからです。