“宇宙劇場 「ワクワク羅針盤」 まひろエッセイ~スピリチュアルは特別なんかじゃない

ツィッター(Twitter)始めました!(冷やし中華始めました的な)

こんにちは〜。ごぶさたしております。

すっかり春めいてきましたね、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

約1ヶ月半ぶりの更新なのに、のっけから宣伝してしまうことをお許しください。(◞‸◟)

実はワタクシ、つい先日からツィッター(Twitter)を始めました。

https://twitter.com/jounouchimahiro

今のところ1日1つはつぶやいています。調子がよければ2つくらい(笑)

よろしければご覧ください。そしてもっとよろしければフォローしてくださると大変嬉しく思います(*゚∀゚*)

「ワクワク」がどんどん変わっていく

で、この寄稿がこんなにも空いてたのには、ちょっとばかし理由があります。

言い訳?!と思わないで聞いてくださいねー。

こちらで「ワクワク羅針盤」の記事を書くため、自分なりにワクワクすることを意識的に探しながら過ごすようになりました。

みなさんもうご存知でしょうが、ワクワクの定義は大まかにいうと「心高ぶる」「ウキウキする」「好きなことをする時の感情」などがあげられます。

ですが、わたしにとっての「ワクワク」が、時とともにだんだん変化していったんですよね。

言語化するならば、「リラックス」「落ち着く」「余白をもつ」など。

この変化によって、自分の中の何が変わったのかというと。。。

これまでわたしのワクワクする事って、例えば「茶道」「カメラ」「漢方」など、わざわざ外に出向いたり、人に会ったり、資格取得だったり、SNSで発信するそんなイメージだった。

好きで興味のあることを極めたいって思ったんです。行動力は抜群にありますので(笑)、すぐさまネットで鬼のように調べあげ、資料を取り寄せたり、先方に連絡し体験会に参加もしました。

記事を1つも書かず忙しく過ごしておりました。めいっぱいスケジュールを詰め込んで、でも好きなことだからぜんぜん苦痛でもなく、とっても充実して楽しんでいたんです。

しばらくは多忙な日々を過ごしていたのですが、だんだんと気力や体力ともに疲れがでてきた・・・。(;_;)

そして、ふと立ち止まることになります。そこで感じたことが

「あー、わたしってばそもそも仕事をやりたいわけでもないのに、なんで資格なんて取ろうとしてんの?」でした。

そう、わたしのワクワクは「好き」+「その向こうにある(であろう)メリット」だった。これには愕然としました。そして、純粋なワクワクを見つけられない自分にも落ち込みました。

「そんな面倒くさいワクワクなら、もう要らない!(-。-;」と、ある日からバッサリ動くことをやめちゃったんです。

休日ともなると、普段にはできない「好きな事をする」ことに一生懸命で、ムダに忙しい日々を送っっていましたので、休みはちゃんと休むことを心がけたり。

このときにあらたに気づいたことが先に書いた「リラックス」「落ち着く」「余白をもつ」です(╹◡╹)

家事育児とパートはこれまでどおりの暮らし方ですが、そこに何かを付け加えるんじゃなくて、今ある基本的な暮らしにこそ愉しみをみつけ、じっくりゆっくり丁寧に生きようと。

SNS断捨離で外部からの情報を最低限にしました。家の中を整え、スケジュールに余裕を持たせ、「今」に意識を向ける。同時に自分の魂(心、大元、ハイヤーセルフなど)にも相談する。

そうしていたら、気づきが次から次へと起こって、日々いろんな閃きやインスピレーションが湧いてくるんです。

あまりにたくさんやってくるので、何から書いていいのやら記事が追いつけなくなりまして、そんな流れからツイッターを始めたってわけです。

これならリアルタイムで日々の気づきや感じたことを「ワクワク」や「あるがまま」にそってお伝えできるんじゃないかなって。

ここで終わると「なんだよ、結局やっぱ宣伝かよ!!」ってなるので、最後に今の心境を書いて締めくくりますね(//∇//)

たった今から自分の存在を本当に心から認め、愛すこと

わたしは、スピリチュアルってどこか特別なもので、絶対的幸福がそこにはあって、誰にも分け隔て無く、超甘々で、裏切らなくて、これさえ知ってれば間違いはないんだと確信していました。今でもそうです、信じています。

ですが、この1ヶ月半に起きた心境の変化から暮らしぶりが変わったことで感じるのは、現実とスピリチュアルとの境目はもうないんだなってことです。隔たりを作って特別視していたのは、わたしだった。

いえいえ、視えるようになったとか、感じ取れる技術が身についたわけではなくて。

春になったら草木が芽を出して、風がふいたら雲がなびいて、朝になったらおてんとさまが見れて、夜になったら月や星に出逢える。。。それがもうとっくにスピリチュアルなことで、いつでもどこでも感じることができます。

これらの自然もわたしもおんなじで、あるがままで生きる、つまりスピリット(=魂)で生きることがスピリチュアル。

スピリチュアルはもっと身近で簡単で日常で当たり前。だけど、それを知らなかっただけなんだ。

わたしの「ワクワク羅針盤」は、スピリット(=魂)で生きるでことが「普通」であることを気づかせてくれました。

あるがままの自分なんてのは探すことではなくって、たった今から自分の存在を本当に心から認め、愛すこと。。。