“宇宙劇場 「ワクワク羅針盤」 まひろエッセイ~ 翼のはえた靴をはいて ~ 素直に受けとる!それだけでOK

ボーナスってやっぱりワクワクします。

「ワクワク羅針盤」生活を始めてから、もしかしたらこの記事が1番ワクワクしてるかもしれないです。それは…夫のボーナスが出たからっ!

「結婚してよかったなぁ」と感じるときって、実はこの夏と冬のボーナスがでるころ。打算的でスミマセン。だけど、仮に私がどこかフルタイムでお勤めしたからってそうそう稼げる額ではない。そういう点では、(ふだんイラッとする)夫にも感謝してますし、尊敬できます。

稼ぐより、自分にもっと甘く受け取ることを許してみたら

「もっとお金持ちになりたいからわたしが頑張って稼がなきゃ!!」と意気込んでいたことがあったんです。夫を助けたいとか、老後の蓄えとか。当時と今、わが家の経済状況にそれほど変わりはありません。でも、その時感じていた私の「がんばらなきゃ」みたいな焦りは、今はもうほとんどなくなりました。(「〇〇しなきゃ」については前記事参照)   
変わったのは、「私がガツガツ働かなくても夫が働いてくれてる。それを素直にぜんぶ受け取ればいい」と考えるようになったこと。なんの遠慮もいらない、私も頑張ってるよね、夫の稼ぎをを受け取る価値があるんだって、自分に甘くしました。すると、もうそれだけでわりと心が満たされてしまい、散財することがないです。前はよく、夫にイライラしては衝動買いしてましたからねぇ…(妻あるある)

お金の執着を捨てて、わたしも楽に生きる

わたしは、「お金がない!」ってことに執着しすぎて、いろんな場面でストレス抱え、それが元で夫婦ケンカしてみたり、お金持ちのママ友さんに嫉妬したり、いろいろネガティブな感情で1人忙しかったのです。お金という物質によって自分の価値を計ったり、人生や生活に影響があるという認識が強かったから。ですが、自分にもっと甘く、受け取ることを覚えると、お金の間違った認識を手放せました。前よりずっとずっと「気楽」に暮らせています。いつだって旅行くらい行けるし、なんだって欲しいときに欲しい物が買える。いい意味でテキトーな感覚。お金はいつでも巡るもの、だって「お金=エネルギー」ですから。

現実と向き合いながら、ワクワクを見つけていこう!

とは言ってもよ?実際、この日本という国の社会では、お金がなければ安心安全に暮らせない。お金がたくさんあれば、より快適で楽に暮らせることも事実です。わが家が保育園に預けて子育てを助けてもらってるのも、毎月決められた額をちゃんと支払ってるから可能なわけで。子供にこれからいくらでも必要だし、ウチは住宅ローンとリフォームローンをWで背負ってるので、ボーナスが出たからといって悠長に構えている場合でもないんですけどね。汗
でも、だからこそちょっと余裕がある6月と12月くらいは、気持ちをゆったりしてワクワクしながら過ごそうと思っています。とりあえず今月は家族でテーマパーク2箇所行く予定です!

前回の記事はこちら