お金の真理〜その1 足りないというプログラムー奥様の宇宙便vol.15(Fromジュリー)

お金の真理 その1〜足りないというプログラムー奥様の宇宙便vol.15(Fromジュリー)

奥さま二人の宇宙交換日記

賑やかな街に住む奥さまの名前はジュリー、のんびりとした田舎に住む奥さまの名前はサリー。ジュリーは宇宙オタクです。一方、サリーはある日突然見えない世界に目覚め、宇宙について興味津々。ひょんなことから出会った二人の主婦による「超現実的なスピリチュアル宇宙話」のやりとりが始まります。

お金の真理に気づくために必要なこと

サリーちゃん こんにちは。

お金の真理、これはとっても深くて面白い話ですよね。私もお金っていったいなんなのだろう?っていつも思っていました。でも全くもって明確なしっくりくる答えが見つかりませんでした。ところが、今年になってゆっくりと認識が変わってきました。どこまで感覚を言葉で伝えられるかわからないけど、今思っていることを書いてみるわね!

おっと、子供になったつもりで、ハートを開いて頭を空っぽにして読んでね

すごく大切なことがあります。

お金の真理に気づくためには、まず大前提をかえなければなりません。なんの大前提かというと、生きる大前提です。それをすごくシンプルな言葉で表現すると、

『ない』を『ある』にするんです。

 

(あると言えば、BEeですね。←シャレ)

私たちは子供から大人になって人として立派に生きるためには、多くのものを手にしていかなければいけない、という思い込みを持っています。スタートは何も持ってないから、学校にいって勉強をして学歴を手にして、働いてお金を手にして、結婚相手を、子供を、、、。家を、教育費を、困らない老後を、、、。

競争に勝ち抜いて多くのパイを奪わないと、たいへんなことになる。日本はとくに資本主義の国なので環境の前提がすでに『ない』から始まっています。あなたがたは最初は『ない』のだから頑張って立派に成長してみんなで競争して強くなって手に入れてね!って社会に言われてます。

じゃあ、社会主義ならいいのか?いや強者が弱者に与えて依存させているだけで根っこは同じ。『ある』をなんとか手にした国がまとめて『ない』人に分配しているという、ルートが違うだけだと思うのです。

あなたは最初何にも持ってないよ、足りてないよ、だから頑張って生きろよってプログラムされてるの。

やりたいことやる際に、便利だから使うもの、それがお金

「お金がない〜」を少し横において、地球には人間が生きるために必要なものが充分すぎるほどあるのだと知ることが必要だと思うの。この世界には水も食べ物も便利グッズもなんでも豊かにあるらしいです。確かに見渡すと私の周りにぜーんぶありました!

だから食べたいものを食べていいし、着たい服を着ていいし、住みたい家に住んでいいし、みんなで創ってきた社会もあるから、学びことを学びに行っていいし、見たい景色を見に旅行にだって行っていい。やりたいなぁ、と思うことをなんでもやっていい。

その時に!便利だから使うもの、それがお金なんです。

やりたいなぁと素直に思うことをなんでもやっていい。
その時に便利だから使うもの、それがお金。

こういうと、たいていこんな答えが返ってきます。「だからさぁ、お金がないからやりたいことできないって言ってるのに…」

え〜と、とっとっと、、、、ハートを開いて!

お金は絶対に後に位置するもの

いや、逆なの。やりたいことできないって思ってるからお金がこない。お金は単独では機能しません。紙切れだもん。古新聞と同じ。やりたいことやろう、食べたいもの食べよう、ということが発生してはじめてお金の出番がくるんだと気づいたの。私。

ニワトリが先かタマゴが先か…なんてことなんかじゃないですよ!完全にお金は後(あと)です。

ほら、昔から『 人・物・金はあとからついてくる 』って偉人さんが言いますよね。あれ、私も頑張ったらついてくるよ〜って意味だと捉えていたの。でも、違う!頑張らなくても本気でやりたいと思ったらやってくる、って意味だったんだって今は思います。

お金はエネルギー交換っていう件について

お金はエネルギーって確かに言っていました。昔占い師やっていた時、「ただで占ってあげちゃいけないよ、たとえ1000円でもいいから頂いて、エネルギー交換をしないと」なんて他の占い師さんからアドバイスされたこともあります。会社員だとしても、エネルギーかけてお仕事頑張ってるんだもんね。頑張ったエネルギーの交換としてのお給料なのか? アルバイトだと時給だけど、時間というエネルギーを差し出したからお金をもらっているのか?

お金は”お仕事を頑張るというエネルギー”や、”時間を捧げたというエネルギー”や、”人に貢献した、喜ばせた、癒したというエネルギー”を使ったから、交換としてやってきたエネルギー補給ではないって思います。

やりたいことやっただけ。それだけ。便利だから会社がくれただけ。便利だっていう証拠に「誰だって飯くうために働いてんだ!」ってあるじゃない、ドラマのセリフなんかに。だったら会社は飯をくれてもいいわけでしょ。服とかさ、家とか。でも面倒でしょ。社員全員の飯を用意するのは。お金だと便利じゃないですか。だからお金があるんだなぁって私は思うのよ。

サリーちゃん、ここまでの話で終わったら、完全に私頭おかしい人だよね。いや、そのとおりなんだけどね。もう少し話し足りないから、また続きを書きます。
今宵はここらでよかろうかい。サリーちゃん、チェスト!!

続きーお金の真理その2〜魂の望みと繋がったときに本来のお金の循環が始まる

前の記事を読む vol.14 お金の真理を知りたい(Fromサリー)