【好きなことの話聴かせて!ー好きなことプロファイル】純ちゃんのヨガセラピーとからだ宇宙の話

好きなことの話、聴かせて!ー好きなことプロファイル

人の好みは十人十色。あなたにとって「とにかくこれだけは好きすぎて人生から外せないんだ!」ってことは何ですか?人が無条件に好きなことについて語る姿を見るのは楽しいものです。なぜなら、話し手のときめく気持ちが聴いているこちらにもうわんうわん伝わってくるから!それって愛なんです。「へええ、そうなの~、あらまあ、そうなの~」っと相槌を打つたびに、語り手のワクワクエネルギーは青天井の上昇スパイラル!そんな愛の波動をお伝えする3wBEe企画【好きなことプロファイル】読むだけであなたにもワクワク波動がやってくる!!

♡北野 純 JUN KITANO

♡女性 femaile

♡生息地 東京 Tokyo Japan

♡お仕事 ヨガティーチャー・心理カウンセラー  YOGA&Psychological therapist

何が好き?  からだ BODY!!

「身体の声に耳を澄ませてはブルブル心を震わせときめいています。身体の中には宇宙があるんです!」っという、この方はヨガティーチャーの北野純さん、通称純ちゃん。
純ちゃんが好きなこと、理由なく惹かれてやまないことは「からだの探求」です。現在はヨガと心理セッションをミックスさせた「ヨガセラピー」を研鑽中という純ちゃんに「からだ」についてのお話をじっくり聴いてみましょう。(”好き”の語り手:Jun/聴き手:Atsuko(3wBEe ))

からだの中にある「これ」に感動してるんです!

Atsuko:純ちゃんは最近、ヨガだけに留まらず、チネイザンだったりヨガセラピーだったり、どんどんいろんなワークにチャレンジしてますけど、やっぱり根っこにあるのは「からだ」の探求かしら?ヨガセラピーってどんなものなんですか?

Jun:実は今年からヨガセラピーを本格的に習得しようとコースに入って学んでるんです。そもそもヨガセラピーってどんなことをやるかというと、ヨガのポーズがあって、コブラのポーズ、前屈のポーズとか…セラピーではいくつかのポーズを使っていくんですけど。わかりやすく例をだすと、私が前屈のポーズのモデルになった時の話です。その体験がすごくて!!!はははは、クククク(笑いがこみあげる)

Atsuko:はははは(つられてこちらも)

Jun:クライアント役の私は基本目を閉じて、身体の感覚を感じつづけるんですね。自分からは動こうとしません。ヨガセラピストが手を持ったりして身体を誘導させてくれます。セラピストは私の両手を持ち上げて、僕の方にかけてくださいと。姿勢のままセラピストは後ろに下がっていくわけなんです。そうすると私はこう前屈していきますよね。で、先生は肩を掴んでぐっとひっぱってくれるわけです。背骨も伸びていくし、そうしたら…

Atsuko:そうしたら?!

Jun:…肩甲骨のあたりがすっごい開いたんです!!こ、これは新しい感覚!!!

Atsuko:ん?開こうと思ってなかったってこと?

Jun:んもう、なんて表現していいかわかんないけど、おお!!こんなところが開いた!って喜びが拡がっていったんですよ。私が前屈したらセラピストは膝で腰骨、仙骨のあたりをぐーっと押していったんですよ。そうすると前屈が深まるんですよね。押されたときに仙骨のあたりから新しい感覚がひろがって、いままで、部分的に広がりを感じてたのが、あ、肩甲骨が広がった、腰骨が広がったとかね。ところが今回はその感覚が全身にあって、うわーっとね。なんか涙がでてきて、感動したんですね。わーーーってなって。

Atsuko:わーーーっってなったんだ!!

Jun:ヨガセラピーはそこから、対話が始まるんです。まず、クライアントを「エッジ」っていう境界線、痛すぎず、ゆるみ過ぎず、のところまで身体を持っていくんです。エッジまできたら教えてくださいって言われて、ああ、これ以上無理だよっていうエッジにきたら、ここでストップしてくださいって言われて、そこで一時キープ、ホールドするんです。そこで対話が始まるんです。

Atsuko:実際の会話が始まるんです?その恰好のままで?

Jun:そうです。会話です。その恰好です。

セラピストから「純さん何が起きてます?」って言われて、私は「新しい感覚が拡がって、それに感動してます!」って言うんです。

Atsuko:テーマがある会話ではなく?

Jun:テーマ、ないです。

Atsuko:その時にでてきた言葉を話すって感じですか?

Jun:そうです、そうです。「今なにが起きてますかー?」「ここが伸びてますー」とか、「こんな感情がでてきましたー」とか。それをセラピストがリフレクトする。ヨガセラピーの背景にあるのがロジャーススタイル(※臨床心理学者カールロジャースのクライエント中心療法)、つまり心理学が背景にあるので。クライアントに起きていることをそのまんま尊重するんですよね。リフレクトで応えてくれて、そしてポーズから離れるんです。その後に「統合」っていって、何が起きていたかを振り返るんですよね。

Atsuko:なるほど。

Jun:「統合」の時に今回一番印象に残ったことは何ですかといわれて、私は「仙骨からの拡がりがすごい全身に広がって感動しました!」っていったら同じことを応えてくれるんですね。

「日常生活でリンクすることってあります?」って訊かれたんですよ。日常生活で、この感じを毎回感じることはないけど、たまにヨガをしているときに同じ感覚になるときがあるって言って、そしたら掘り下げて質問をしてくれて。それは、なんか純さんにとってどんな意味がありますかって。

Atsuko:それは興味深い。どんな意味があるのですか?仙骨からの拡がりは純ちゃんにとって。

Jun:私はこの感覚にどうやったら繋がるんだろうなって、宇宙とつながる、じゃないけど、それをずっと探してた感じなんです。この身体に秘密があるなって感じてた。ヨガでいくのはむずかしいし、どうしたらいいのかなって思った時に、ヒントがないかなって思ったんです。

実際にセッションを受けて、これだ!っていうのを感じたんです。ずっと探してたのこれだって!セラピストの質問によって、明確になったんですよね。ずっと探求してたけどこれだって感じがしますって。

Atsuko:純ちゃんが今までヨガをやりながら、探してきたその「あれ」とか「これ」っていったい何でしょうか?

Jun:はははは いったい何ですかね?宇宙があるって感じがします。本質?魂・なんだろう。

Atsuko:宇宙っていうのは、本当の自分とか個性に近いもの?

Jun:はいはいはい、それはあるって感じがします。

Atsuko:ワクワクみたいな?

Jun:ワクワクみたいな感じですね。

Atsuko:例えば音楽をやる人が、たぶんステージでやってるときとかに、ぎゅーっと何かを感じてるのではないかと思うの。「これだーー」みたいな。その「これ」かしら。

Jun:そうですね!それとつながるともう、他を求めなくていいだろうなって思う。

Atsuko:無我の境地とか?夢中になってる感じ?

Jun:あ、そんなのに似てるのかもです。夢中になってるのかなぁ??とにかくなんか感動してます!ははははは

Atsuko:「これ」、に感動してる感じ?ふははは

Jun:「これ」に感動してます。こんな感覚が自分の中にあったんだとか。歓びかな。あ、歓びですね。なんかすごく魂が歓んでるって感じがするんですよね~!

ヨガの変なポーズは思考を止めるため

Atsuko:魂の歓びは身体の中をさぐっていくとあるはずなんだってことをいつの頃からか思ってたんでしょ?そもそもヨガはなんで始めたんですか?

Jun:近所でヨガをやってる教室があって、ヨガをしたって感じ。肩こりにいいって聞いて。リラックスできるし。そして仕事探すときに身体動かしながらお金もらえるの何かな?昔ヨガやっててよかったな、みたいなところからですね。それでホットヨガの先生を始めたんです。

Atsuko:ホットヨガ、よく見かけますね~ダイエットにいいのかな?

Jun:ダイエットにはいいと思いますよ。熱い中でやることで代謝が上がって、汗をかいて、冷え性改善とか、そんな感じですね。昔はエアロビだったのが、ヨガっていうのが女性に受けてるんでしょうね。

それで、3、4年くらいホットヨガで働いているうちに、もうちょっとヨガについて学んでみたいなと学校に行ってみたらヨガの哲学に出会って、その奥深さに惚れ直しました。

それまで心理学をやってきましたが、心だけをずっとやってても解決しない。一定以上いかないなっていう感覚があるんですよね。確かに心を探っていくと楽になる部分があります。でもあっちゃんが本に書いてたような、何か問題があって、ぶつかって、じゃ、心理学なりなんなりで自分を探究する解決する、気づく、楽になる、で、また問題が起こる、この堂々巡りだなって思いましたね。

Atsuko:やはり、そこ感じたんですね~きりがないよね。

Jun:そうです、そうです、そう、きりがないって感じで。

Atsuko:それが身体を入れるときりがあるの?

Jun:うん、きりがあるって思いました。あ、この身体を使うっていうのがポイントだなって思った。ヨガは背景になっている心理学的な考え方とアーサナという身体を使うことで、人を変容させる、それはすごいと思いましたね。ただし、ただ体を動かしているだけじゃ深いところには入れないんですよね。

だからもっと深いところにはいるにはどうしたらいいんだろう、と考えてた時に出会ったのが、ヨガセラピーだったんです。カウンセリング的な対話もあって、身体も入っていけるっていう。すごいなって感じましたね。

Atsuko:瞑想は?

Jun:瞑想は繋がりやすいと思います。瞑想はたぶん熟練していくと繋がりやすくなると思うけど時間がかかるなって。毎日毎日、習慣にして、瞑想でスーッと静かなところに入っていけるといいと思うんですけど。どうしてもマインドが動いちゃいますよね。

Atsuko:ヨガだと、すごいありえないポーズをすることでマインドが動かなくしてるんですか?

Jun:そうですね、アーサナ(ヨガのポーズ)はマインドの働きを沈めるためにやっています。

Atsuko:そっか、だからあんな変なポーズをとるのね。

Jun:そうですそうです、普通とらないようなポーズをとることで、マインドの動きを静かにしていくみたいな意味があるんですけど。それを理解してやるのとやらないのとでは、なんか、ちょっと効いてるなーみたいな、そういう感じになっちゃいますよね。

Atsuko:身体を柔らかくするのかと思ってましたわ。マインドを鎮めるのか。

Jun:そうですね、だからといってアーサナをいっぱいすればいいのかっていうと、そこも違う感じがして。

Atsuko:アスリートになっちゃうね。

Jun:あははは。アーサナ(ポーズ)も楽すぎるとマインドは働いちゃうんですよ。逆にきつすぎるのも苦しいだけになる。ちょうどいいバランスのところをエッジっていうんです。そのエッジにいくと、そこでいろんな気づきとか変容が起きやすい。

ヨガセラピーはセラピストが介在するので、ひとりでやるよりもエッジを長く保てるんです。そこで対話が始まるので、すごい深く入っていける感じですよね。

Atsuko:エッジでカウンセリングが始まるんですね。

心理カウンセリングでは過去へ潜るけど、ヨガセラピーはいまここに帰ってくる

Jun:カウンセリングだと記憶をどんどん辿って行く感じですよね。ヨガセラピーをやってても、感情や過去の記憶が出てくることってあるんですよね。

でも必ず身体に戻ってくるんですよね。今、体は何を感じていますかって。それがすごくいいなと思って。

過去を癒すのもすごく大事だとは思うんですけど。好きな人はそっちばっかりに言っちゃうので、それだと今の現状が解決しないみたいな。

Atsuko:身体がいる「いまここ」に帰ってくるんですね。

Jun:今、呼吸はどうなのかとか、呼吸が浅くなってたら呼吸の誘導をしたりとか。例えば過去の話をしている時に、呼吸が急に浅くなる、そうした時に、ゆっくりしてみたら、過去の記憶はどう変わる?とかって。

体ってすごい不思議だなって思うのが、私は過去の喘息の記憶をとかがわーって出てきたんですね。

たまたまそのとき調子悪かったんですね。少し喘息気味だと。で、いつも息苦しくなると胸のあたりが痒い感じがする。中からかきむしりたいような不快な感じがあると。

で、実際にポーズをとりましょうと、胸を開くような動きをしたんですね。エッジまでいきました。

すると過去苦しかった記憶がわーっと出てきて、すごい涙が出てきて、「今何が起きてますか」って訊かれて。「辛い記憶をおもいだして涙が出てます」っていったら「それでいいです。それをそのまま感じててください」って。

いっときするとなんとなーく治るんです。

Atsuko:わあ、すごい。例えばね、記憶で苦しかった時に、身体に戻ると、やっぱり身体も苦しがってるの?

Jun:身体も苦しがってます。リンクしてます。でも記憶をたどってる時は、身体の感覚を感じてないんですよね。頭ばっかりを使ってる感じですね。すると「身体は今どんな感じですか」って戻されるんです。

Jun:その苦しさを感じながら呼吸をしてて、と言われて、それがありつつも、呼吸をずっとしてたら、ものすごく穏やかになったんですね。もちろん苦しさはあるんですよ、でもなんかこれがあってもなくてもいいや、みたいになったんですね。

自己受容とか、自己肯定とか、よくいうじゃないですか、それが身体感覚で染み込んだって感じだったんですよ。いつでも「ここ」は安心なんだって思って。

宇宙飛行士曰く「宇宙に行った時と同じ感覚が身体の中にある」

Atsuko:身体ってすごいよね。私も身体には最大の宇宙の仕組みを知るヒントがあるって思ってる。身体さえ頼りにしていればいいって。

Jun:身体ってずっと共にいてくれるパートナーみたいな、この存在と深く繋がったり、この存在に気づくと気楽に生きれるというか、そうなる気がする。

すっごい面白い。いろんなポーズをやって言って、あるとき、右の肩を押されて仰向けでやっていたら、ものすごく右腕が伸びたがってる気がしたんですよ。もぞもぞ動きたがってるっていうか。

自分の意思と関係なく動きたがってる気がしたんですね。ある瞬間ピタッとはまったところがあって、そのとき、ものすごく笑いが出てきて、「あ、ここ、ここ、キタキタ!あ、ここだったのねキミ!」なんて思って、なんかそういう楽しさとかなんか、身体って面白いなって。

Atsuko:ひとりでいても、誰かといるみたいな。お父さん指、お母さん指、みたいな感じ。

Jun:ヨガセラピーのトレーニングは各国でやっています。創始者の知り合いの宇宙飛行士がいて、このトレーニングを受けてみたらしいんですね。で宇宙ってほんとに美しくて、実際に行ってみると身体に特別な感覚があるのだけど、全く同じような感覚が、この身体の中にあるって思ったって話されたらしいんです。

身体の中に宇宙があるって!!その話にすっごい感動して「からだ宇宙」って私言ってますけど、ほんとそうだよなって思いました。ここに無限にいろんなものがあるなって感じがしますね。

Atsuko:すばらしい!

Jun:はいーーー!!すごいです。身体って。

純ちゃんありがとうございました!さらなる「からだ宇宙」の探求、全力で応援しています。

ヨガセラピー、気になった方に朗報です。
2018年春、北野純ティーチャーは新たにヨガセラピーをスタート!クライアント募集中です。

ヨガセラピー、それから純ちゃんが教えているヨガ教室情報はこちらから
↓↓
北野純のブログ

Space Journey​~あなたが身体へ還る場所~